チケット不正転売禁止法が施行!?使えなくなったチケットをどうする?

f:id:kanamemochi:20190614112625j:image

 

 

チケット不正転売禁止法が2019/6/14から施行されます。

14日に施行された「チケット不正転売禁止法」は、コンサートやスポーツなどのチケットを主催者の同意がないまま、もとの価格よりも高い値段で繰り返し転売したり、転売目的で譲り受けたりすることを禁止しています。

会場周辺などでチケットを転売する「ダフ屋行為」に加え、インターネット上での不正転売も対象となり、違反した場合、1年以下の懲役や100万円以下の罰金が科されます。

チケット不正転売禁止法 きょう施行 | NHKニュース

全体を簡単にまとめると

  • コンサート・映画・演劇・スポーツなどの興行チケットの定価以上での販売
  • 何回も繰り返して(業として)転売をすること
  • 紙のチケットだけではなくQRコードのチケットも対象
  • 定価以下であれば販売しても良い
  • 無料配布のようなチケットは転売しても良い
  • 1年以下もしくは100万円の罰金

 

 

基本的に転売不可能

法律の内容をみると定価以下のチケット販売は禁止されていませんが、運営側の規約などで基本的に転売(買った人とは別の人に売ること)は禁止されています。

たとえ定価以下で買ってもゴミになる可能性があるというわけです。

 

チケットを自分で使えなくなった場合は?

転売が不可能になったとなれば困るのは本当に使えなくなった人達が売れなくなることです。

しかしながら、違法にならない方法があります。

それは、公式によるチケットトレードです。

こちらは定価で取引されるので転売よりも便利かも知れませんね。

 

今回の法改正の目的

個人の取引よりも「チケットゲッター」「チケットキャンプ」に対しての抑止力として働くと思われます。