ケアレスミスが多い!なくすための対策を教えるよ。

f:id:kanamemochi:20190202140520j:plain

 

 

こんにちは、カナメです。

模試や過去問でケアレスミスをしてしまう方は多くいるでしょう。

そのケアレスミスを「凡ミスだったからしかたない」と言ってほったらかしにしていませんか?あなたの凡ミスを防ぐ方法があります。そのミスさえなくなれば合格により近づくでしょう。

その方法をご紹介します。

 

 

 

ケアレスミスを防ぐ必要性

たかがケアレスミスですが、ミスをするとあとあとにまで影響がおよび大変なことになってしまうかも。センターや私大数学では誰でもとけそうな最初の小問出してあとでそれを利用するような形式です。ここで間違ってしまうとすべてずれてきます。また英語では単語の見間違えで長文全体の意味がとらえられなくなってしまいます。

 

 

ケアレスミスの対処法についてお伝えします

 最近のケアレスミスを覚えていますか?

覚えていなければすごくもったいないことです。

ケアレスミスを防止する方法として最も効果的な方法はミスの傾向を紙にメモするという方法です。

例えば

「掛け算のところを間違って足し算にしやすい」

「誤っているところを選べなのに正しいものを選んでしまう」

「三人称単数のsを付け忘れる」

「受験番号をマークし忘れる」

などなど書こうと思えばたくさん出てきませんか。

ノートにまとめていきましょう。

人は忘れる生き物です。

頭の中で覚えてたつもりでいても、実は試験中の焦っているときは思い出す余裕はありません。なので試験開ぎりぎりまでそのノートを見返すことが大切です。

 

ケアレスミスを確認する技術を身につけましょう

そんなことを言われてもできないからミスるんだよ。となる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、普段の問題演習の時に見直すクセさえつけてしまえば簡単に身に付くでしょう。

例えば、数学の数列の問題のように最終的に文字式が現れる問題で

1や2などの簡単な数字を入れてしまえば確認できます。

またグラフをかくことも効果的でしょう。

 

そのケアレスミスは本当にケアレスミスですか?

ケアレスといいながら知識がただ曖昧なだけではありませんか?

試験中は時間がありませんから曖昧な知識を思い出している暇はありません。

 

演習を繰り返して確かな知識を得よう

何度も繰り返して体にしみこませませしょう。

学習塾KUMONはこのやり方ですし、世界から認められているので演習は大切っだといことはわかりますよね。

 

公式を導けるようにしましょう。

記述問題や時間に余裕がある私大でしか使えませんが、公式が導けるようにしましょう。

なぜこの形になったかしれば、知識が怪しくなった時に簡単に導けます。

また、上位の大学にいくためには照明問題を解かされる場合があるのでやっといて損はないです。

 

まとめ

どんな人でもミスはしてしまいます。たとえ塾講師や予備校の先生でも計算間違えをしてしまいます。そこでどう気づけるか、どうケアレスミスを防ぐかを学び試験に臨めば自分の実力が発揮できて満足のいく結果になるのではないでしょうか?

 

皆さんも試してみてください。

 

ではーー。。