短期集中ゼミ数学が超効率的!絶対にやるべき

f:id:kanamemochi:20190204225630j:plain

 

 

こんにちは、カナメです。

大学受験でよく青チャートを1周しようなどと言われますが、高3の段階で例題だけをやるだけでもかなり時間がかかるので高1~2の人だけしか向いていないのは分かりますよね。

国立を受験する僕にとって数学に時間がかけられなかったけど、この問題集を5回繰り返すことが出来ました。

国立を志望する人や苦手科目が多い受験生にオススメな問題集「短期集中ゼミ1a2b」「短期集中ゼミ数Ⅲ」を紹介しようと思います。

 

 

種類が豊富だから誰でも使える

この問題集は非常に種類が豊富です。

多いですが、問題が被るので私が述べるものだけを購入されるといいでしょう。

 

 

 

 

中身もレベル別や頻出問題と分かれている。

頻出問題にマークがついているので、本当に急いでいる人は頻出問題だけをひと通りやるのもいいと思います。考えさせる問題と典型的な問題でそれぞれAとBに分かれているのです。

1周目

自信を付けるために頻出問題だけをやる。

2周目

A問題だけやる。

3周目

好きなB問題と間違えたA問題をやる。

4~5周目

間違えた問題を徹底的にやろう!

それ以降

模試でよく間違える単元だけ復習

(1~2時間で出来ます)

 

A問題が出来れば偏差値50後半にいき、B問題が出来るようになれば偏差値60前半は余裕でしょう。

 

とても薄いのですぐに弱点克服できる。

青チャートで苦手な単元をやろうとしても簡単すぎる問題が入っていて無駄です。

正直、弱点克服で青チャートは向いていません。

「点数悪いけど何処が苦手か分からない。」という受験生でも全てのA問題を解けば何処が分かっていなかったか分かります。

(おおよそ10時間あれば終わります)

 

センター対策も余裕

私はこれをやるだけでセンター80点は安定しました

センターよりも少し難しい問題ばかりなので難易度の変化にも対応できました。

 

 

 

まとめ

非常に効率的なのは理解できましたか?

受験生は色々な科目があるためスピードを上げて勉強する必要があります。

すべてやっても30日しかかかりません。

センター後にもう一度やることも効果的です。

 

 

書店ではなかなか売っていないためネットをおすすめします。

 

 

www.machifun.xyz